vol.6 ちいさな工房のおおきなこだわりの話/竹﨑伸一

6回目のTALK BARは、彫金を生業とする竹﨑伸一さんをゲストに迎えました。

今回はスタイルを少し変え、進行を前回ゲストの桂雀太さんにお願いし、竹﨑さんとふたりで話を進めていただきました。竹﨑さんの人柄がにじみ出るお話と、噺家さんならではの空気感が新鮮なトークを、文章で少しでもお届けできたらと思います!

IMG_1943

鹿児島に生まれ、大学は大阪芸術大学大阪美術専門学校に入学。卒業後はハイジュエリーブランドに10年勤められます。そして、いつかは独立したいと考えていたことと、幼稚園にお子さんを送り迎えする必要があったため、これを機に退職し独立の道を歩まれました。

雲が見る人によっていろんなものに見えるように、自分がつくるものも、その人それぞれが自由に使えるものを柔軟につくっていきたいという気持ちから、工房「Studio Cloud」を4年前にスタート。指輪や看板、リメイクジュエリーなどをこれまでの経験で培ってきた彫金技術を活かし、オーダーメイドで制作されています。

「同じものをつくるわけじゃないから、オーダーメイドって毎回難しいんです。でもそれがオーダーメイドの面白さでもあります。自分に対して修行を課すように、それぞれ違う手や人に合ったものをつくることに向き合っていきたいと思っています」

IMG_1946

つくる前のお客さんへのヒアリングでは、どんなものをつくりたいかを聞き出すためだけでなく、どんなことでも言える関係をつくることも大事にされているそうです。

「つくるなら10年経っても100年経っても、贈る人とつくるものに対して一生責任を持っていきたい。そしてそれならやっぱり、軽い気持ちでたくさんつくっていくのは違うと思います。だから初めてお客さんとお会いする際は、その人と一生付き合っていけるかを考えます。そういった自分の気持ちや行動で、きっとそのお客さんはまた次も来てくれるし、その人たちの子どももきっと来てくれる。多くはないけれど確実に繋がっていけています」

そう話す竹﨑さんは、ご自身が結婚指輪を手がけられたお客さんの結婚式にも度々出席されているから驚きです!リングおじさんも務めたことがあるのだとか。

まずは身近な人が喜んでくれるものをつくりたい。そんな竹﨑さんの想いと実際の仕事がひとつになっていることは、誰でもできることではなく、まさに竹﨑さんにしかできないことなんだろうなと感じました。

IMG_1942

「電気が無くてもやっていけるんじゃないかってくらい、彫金はアナログな作業なんですよ」

糸ノコで金属板を切り出す作業をプロジェクターで投影しながら言う竹﨑さん。金属の柔らかさで加工のしやすさや用途も変わるのだそうです。雀太さんの「野菜に例えたらどうなんです?」という問いに、

「真鍮は割とサクサク切れるので大根。銅はもっちり切れる感じなんですけれど、何の野菜でしょうね?

もっちり切れる?!と驚きながらも「じゃあ、アボカドは?」「里芋は?」「かぼちゃとか硬いですよ!」など参加者も混ざりながら大喜利のような場面もありました。笑
アボカドに彫刻を施すのが難しいように、金属として柔らかめな銅に細かい加工をするのも難しいそうです。

IMG_1952

最後に、竹﨑さんに受注しつくっていただいた「CURRENT」の看板です。
受注からつくるまでの行程を紹介できたらきっと興味深いものになるだろうと企画したのがきっかけでしたが、本当に実際つくっていただくと、金属の深み、重みと細工の細かさで自社のロゴが形作られている様に感動しました。

「僕がものをつくる理由は、欲しいと思っている人の気持ちを満たしてあげたいから。パンケーキ食べたいって言われたらパンキーキ焼くかもしれないです(笑)」
竹﨑さんの言葉からは、上辺でなく本当に人のことを想ったあたたかいものづくりをされていることが伝わってきて、自分たちが看板をつくっていただいて味わった感動をお客さんたちも味わっているのだと思うと、一層、竹﨑さんの仕事は素晴らしいと感じました。

以上、イベントレポートでした!次回もおたのしみに!
なお、竹﨑さんにつくっていただいた看板は、後日CURRENT事務所のドアに設置予定です。
そちらもおたのしみに!

 


 

竹﨑 伸一(Studio Cloud

1981年    鹿児島県意出水市に生まれる
1997-2000年 鹿児島県立出水高等学校
2000-2002年 大阪芸術大学大阪美術専門学校
       美術・工芸学科彫金アクセサリーコース
2002-2003年 大阪芸術大学大阪美術専門学校
       芸術研究科工芸専攻彫金アクセサリーコース
2003-2013年 ジュエリーブランド制作部に勤務
2013年-    Metal Handicraft Cloud
大阪・阿倍野にある小さな工房で、指輪やキャンドルスタンド、看板まで幅広くメタル作品を製作中。
空に浮かぶ雲のようにふんわりとした作品を作り出す彼のもとには、結婚の決まったカップルや、カフェのオーナー、建築家など様々な人々が訪れる。

 

コメントを残す