【デザイン制作秘話】
トマトの新しいブランド(コンセプト編)

posted in: カレントブログ | 0
「子供たちにまた食べたいと言ってもらえるようなブランドにしたい!」
ご縁があり、兵庫県北部の農機具製造企業が生産したトマトのブランディングをお手伝いさせていただきました。
製造業がトマト栽培?なんて思ってしまうかもしれませんが、サンプルで作ったトマトを食べさせていただいてその考えが一気に無くなりました。今まで食べたことの無いような甘さ。しかも皮が薄くて食べやすい!
そこから話し合いを重ね、特殊なフィルムを使った農法(アイメック農法※)での栽培であること、まずは地元に貢献がしたいことなど諸々お聞きし、ブランドコンセプトとネーミングをご提案しました。

※アイメック農法とは
無数のナノサイズの穴があいた特殊なフィルムを使った栽培方法。そのフィルムにより細菌やウィルスなどは通さず、水と養分のみを通すため安全でおいしいトマトを作ることができる。

20160630_1

トマトの消費率や商品の特徴(甘さや食べやすさ)を元に、ターゲットとして設定した「日々の食事、生活、子育てに自分なりのこだわりを持ち、家族のことを食事面で支える主婦」(実際には名前から年齢、家族構成や行動範囲まで詳しくターゲットを設定)が、毎日の食卓の彩りになるとともに安心して食卓に出せるトマト(価格的にも安く、子供も好きになれるような甘さや食べやすさ、そして栄養素)を作り続けるとの思いからブランドコンセプトを、「日々の食卓においしさの“安心”と“彩り”を」に。
ネーミングは、他社との差別化も狙い「甘えん坊の赤オニくん」に決定。
ネーミングの通り、赤オニのキャラクターを作成し、パッケージやHPなどで発信していくことになりました。
製造業が一からトマトを作り、売るとなると実際に買ってくれる人がいるのかという当然の不安の中、地元の道の駅で試食販売させてもらえることに。フタを空けてみると持って行った300個の商品は2時間もしないうちに完売!その盛況ぶりにこっちが戸惑いました。

 

もちろん、商品力があってのことですが、お客さまはちゃんと味をみて買ってくれていることがわかりました。デザインができることは、商品としての見た目を整えるというのもありますが、関わったいろいろな人の向いている方向を同じにするということ、そして、モチベーションを上げてもらえる役割もあるのだと改めて感じました。
どこかで見かけたときはぜひ、食べてみてください。

甘えん坊の赤オニくん webサイトはこちら

甘えん坊の赤オニくん デザインはこちら


 

tsunagaru TALK BAR vol.6を
開催します!

posted in: 最新情報 | 0
6月24日(金)19:30から
tunagaru TALK BAR(つながるトークバー)の6回目を開催します!
ゲストは、前回のゲスト 落語家の桂 雀太さんのご紹介で、
彫金を生業とする竹﨑 伸一さんをお迎えします!

 

彫金とは金属工芸技法のひとつ。
この道10年以上の竹﨑さんは、プラチナ、金、銀、銅、真鍮、鉄、アルミなどの金属でお客様のオモイをカタチにすることをコンセプトに、オーダーメイドの作品を制作されています。
アクセサリーやインテリア、看板など様々な形態の物を手がける中、最も受注が多いのはオーダーメイドの指輪なのだそう。お客様とのヒアリングの時間に重点を置く竹﨑さんの彫金作品には、つめたい金属の中に人のあたたかみを感じる、素敵な物です。子ども向けの彫金ワークショップや、自身の在校生への彫金についての講演、商工会議所での活動など、対外的な活動もされており、物を作っていくだけでは伝わらないことについても積極的に取り組まれています。今回は、彫金の世界に飛び込まれたきっかけやその魅力、普段のお仕事についての話と、更に、受注から制作・完成までの流れを疑似体験するコーナーもご用意しております。どのような内容かはお楽しみに!
ある意味、今までのTALK BARとひと味違った、職人のような手業の世界をぜひご覧ください。
ご参加お待ちしています!
____
tunagaru TALK BAR(つながるトークバー)とはさまざまな職業の方をゲストに迎えて、職業のことや仕事での関わりのことなどを“酒の肴”にお酒を飲みながら相互に話すことで、堅苦しくない個々のつながりや関係を作るトークイベントです。

 

 開催詳細やご予約などはこちらをご確認ください。

 

おかげさまで10周年!

posted in: 最新情報 | 0

 

開業して2016年4月で10周年を迎えることができました。

これも一重にお仕事で関わっていただいた皆さまや少しでも気にかけてくださった皆さまのおかげです。

本当に、本当に、ありがとうございます!

2006年に開業して今まで、出会った人に恵まれ、助けられながら小さいながら10年やってこれました。

ありきたりな言葉ですが、ほんとあっという間というの言葉が一番当てはまります。

10年は、次の11年目への第一歩。

10年をステップにこれからも初心を忘れずにデザインと向き合っていきたいと思います。

何もしないというのもおもしろくないので、

自分たちが楽しみながら皆さまにも少しでも楽しんでもらえるようなことを考えておりますので、

ちょこっとだけご期待ください!

今後とも変わらず、よろしくお願い致します。

 

2016年4月末日
カレント代表 北村竜司

 

【メディア掲載】
「スタイル別ブランディングデザイン」

posted in: メディア掲載 | 0

パイ インターナショナルから発行された「スタイル別 ブランディングデザイン」に
高糖度フルーツトマト 甘えん坊の赤オニくんのブランディング事例を掲載していただきました。
どういうターゲットに向けて、どう訴求し、差別化させたのかがわかる186個の実例とともに掲載されています。

【カレントブログ】
養老天命反転地に行きました。

posted in: カレントブログ | 0

 

先日、岐阜県の養老天命反転地に行ってきました。

養老天命反転地は紫綬褒章を受賞した荒川修作さんが作った
日本一破天荒なテーマパークと言われてる場所です。

その名の通り、かなり意味の分からない場所でした(笑)
変なところに凸凹があったり、ひと一人が通れるくらいの隙間(真っ暗)を入ると…結局行き止まりだったり、
すれ違いが困難な通路など、出来た当初はけが人が続出したとか。
かなり芸術が爆発している場所でした。
荒川修作さんは、岡本太郎さんが弟分としてかわいがっていたようで妙に納得。

敷地内には養老天命反転地以外にも広大な公園や養老の滝もあって
一日、楽しめますよ。

 

blog1_4

blog1_3

blog1_2

blog1_1

 

 

1 2 3